セフレメンタル南向き
MORE…

恋愛気質の男女はセフレを作ろうと考えてはいけない

セフレと呼ばれる男女の人間関係は、「肉体関係のみ」と割り切っている男女同士が、そこを了解した上でセフレ関係を形成しているのであれば、最高のセックスが望めますし、これ以上ない後腐れのないセフレ関係を築くことができるでしょう。

すべてのセフレ関係がこのような割り切った態度のもと成立していれば話は何の問題もないのですが、しかし、セフレ関係の男女を実際に見ていくと、どうもそうとばかりは言い切れない例があるというのがセフレの難しいところでもあるわけです。

セフレと呼ばれる関係は、一方だけが「肉体関係のみ」というセフレ関係の原則を了解しており、もう一方がその原則を理解していない、あるいは、その原則を頭では理解しているもののなかなか受け入れ切れない、というような組み合わせの男女によって形成されることがあります。

不均衡な不幸なセフレ関係の形成

むしろ、「肉体関係のみ」とお互いに割り切っている風通しがよいセフレ関係よりも、こういった、一方が優位に立ちそれを巧妙にごまかしながら不釣り合いで曖昧な状態で成立させているセフレ関係のほうが、多く見られるというのが現状かもしれません。

この、一方だけが「肉体関係のみ」というセフレ関係の原則を了解しているケースというのは、実際にはどのようなものが考えられるでしょうか。

セフレという関係を維持し、たえずセフレをキープするためならどんな手段も虚言も厭わないというタイプの人間がセフレ関係を築こうとした場合に、このようなセフレ的には不順で不幸な関係は形成される傾向があります。

たとえば、「恋人」を作りたい、「恋人」になりたい、と考えている人間に対して、「セフレにする」という欲望しか抱えていない人間が「セフレ候補」の白羽の矢を立てた場合、不均衡なセフレ関係が築かれることになります。

不均衡なセフレ関係におけるヤラれ損

セフレにする欲望を抱えた人間は、その欲望を巧妙に隠しながら「恋人候補」のような顔をして「恋愛希望」のセフレ候補に接近します。そして、接近するばかりでなく、セフレとしか考えていないにも関わらず、まるで「恋人」であるかのような態度で交際を開始しようとします。

その内実は、というと、セックスにしか興味がないにも関わらず、交際中は「彼氏/彼女」のような顔をして、相手をセフレとして扱っていることをなるべく気づかせないような振る舞いをします。

「この人は、自分を恋人としてではなく、セフレとして扱っているのではないか」という疑いが抱かれた場合、「セフレにする」という欲望しか持っていない人間は、その疑いを解消するような表面的な優しさでその場を取り繕ったり(その優しさは、セックスという形で与えられることもあるでしょう)、「バレてしまったら仕方ない」と即座に関係を断ち切る、いわゆる「ヤリ逃げ」という形での関係解消を選択することになります。

「優しさ」でごまかされるにせよ、「ヤリ逃げ」されるにせよ、「恋人志望」の人間にとっては、セフレとしてのみ扱われて性欲解消の道具としてセックスをした分だけ損をしたことになります。

不均衡なセフレ関係が継続していくケース

早い段階で、相手が「セフレ関係」しか望んでいないことに気づいており、セックスが愛情として行われるのではなく、相手の性欲解消でしかない丸損セックスでしかない、と知りながらも、「恋人希望」の人間が、「セフレにする欲望」しか持っていない相手から離れることができず、「セフレとしての自分」を受け入れてしまう、というケースもあります。

「セフレ」として扱われていること、これからもそうとしか扱われることがないということを頭では理解しながらも、「好きになってしまった」という心の部分で未練が断ち切れず、どうしても別れられなくなってしまったというセフレ関係がこのケースに該当します。

こうなってしまった場合、「セフレにする」という欲望しかない人間からしても、このような「頭では理解しているが心では離れられなくなっている」という状態に陥ってしまった相手とのセフレ関係は、自業自得とはいえ、なかなか厄介です。

セフレとしてのみ扱うには少しばかり手に負えず、「セックスはしたいが、面倒な恋愛感情と付き合うのは避けたい。なんとか手を切れないものか」という考えが頭にもたげてくるのですが、関係解消の話を切り出そうものなら、相手の「納得していない心」の部分が発火して逆上し、何かしらの痴話喧嘩、セフレ関係において最も望んでいない湿った異性トラブルが生じる可能性があります。

ですから、いくらセックスができたとしても、その末路を考えると気が気ではない状態でのセックスしかできなくなるでしょう。

理想のセフレ関係から不均衡なセフレ関係への移行

このような「恋愛感情のもつれ」による面倒な異性トラブルの回避に徹底している場合、セフレを探す男女というのは「肉体関係のみ」というセフレの原則を忠実に守ってくれそうな相手のみをセフレ候補として見出すことになるのですが、かといって、「肉体関係のみ」と割り切って形成したセフレ関係において、このような異性トラブルを完全に回避できるというわけでもありません。

というのも、「肉体関係のみ」というセフレの原則どおりにセフレ関係を築き、その関係を維持してきた男女のうち、どちらか一方が、セックスを通して相手のことを好きになってしまい、この「肉体関係のみ」というセフレの原則を破りたくなってしまう、ということが、セフレ関係においては往々にしてよくあるからです。

「肉体関係のみ」と割り切ってセフレ関係を形成した者にとっては、相手のこの「心変わり」と「原則違反」はまったくもって寝耳に水であると言わざるをえません。

「肉体関係のみ」であったはずの対等なセフレ関係は、この「心変わり」によって、途端に、「セフレとしてしか扱われないこと」を知りながらも「セフレではない関係になりたい」と願う相手との、不釣り合いな関係、前述したような、「セフレ希望」と「恋人希望」の二人によるウェットな男女の関係へと移行することになるでしょう。

不均衡なセフレ関係における「非」の位置

「恋愛希望」の異性を「騙す」ことでセフレ関係を築いたのであれば「セフレ希望」のほうに、「肉体関係のみ」というセフレの原則を破られた場合は「恋愛希望」のほうに「非」があると考えられます。

「非」がある側の人間が、自分の立場を顧みることなく、一方的に相手を責め立てるというようなことだけはあってはならないことでしょう。しかし、現実のセフレ関係の場においては、「非」がある側の人間が相手を責め立ててしまうというようなケースも多々見られます。

前者の「騙した場合」であれば、騙した側が「騙されるほうが悪い」と主張したり、変わらずセックスだけは限界まで継続していくというような一種の「開き直り」の態度をとることになります。

後者の「セフレの原則を破った場合」であれば、どうして恋人になってくれないのかと迫ったり、「肉体関係のみ」という了解のもと出会った相手の感情を問いただし、根掘り葉掘り相手のプライベートに踏み込む、というような「ルール違反」の態度になるでしょう。

自分が「騙した側」、あるいは、「セフレの原則を破った側」になると想像したときに、このような、自分の「非」を棚にあげて相手を責め立てるような態度をとる自分が想像のなかに見出された場合、その人は、「セフレ探し」をするべき人間ではありません。

セフレを作ってはいけない/セフレにしてはいけないタイプ

セフレに関する話になると「セフレにしてはいけないタイプの男/女」というような側面ばかりが取り沙汰される傾向がありますが、「セフレを作ってはいけないタイプの男/女」という側面から物事を見ていく必要もあるのではないか、と私は考えています。

そして、それは表裏一体となって重なり合うものでもあります。「セフレを作ってはいけないタイプの男/女」は、そのまま「セフレにしてはいけないタイプの男/女」であり、それはちょうど一万円札の表と裏のようなものなのです。

この側面から見ていきますと、「恋人」が欲しいと考えている異性を騙すようにしてセフレ関係を築こうとする人間は、いわずもがな「セフレを作ってはいけないタイプ」であり「セフレにしてはいけないタイプ」でもあることは明らかです。

これらの「セフレを作ってはいけない/セフレにしてはいけないタイプ」は、自分がそのようなタイプに該当するということをある程度は自覚しながらセフレを作ろうとする特徴を持っています。

このような自覚的なタイプに関しては、自分に「非」がある場面において「騙されるほうが悪いのだ」というような態度をとらないことのケースを考えるほうが難しいのですが、彼らがそのような開き直りの態度をとるのは、彼らが自覚的であり、はじめから「相手を騙してセックスする」という目的意識で行動していたからに他なりません。

セックスと恋愛を結びつくタイプはセフレ向きではない

一方で、「セックスしている相手を好きになってしまってセフレの原則を破ってしまうタイプ」ですが、こちらは自覚的ではないことが多い分、より厄介な存在であるといえるかもしれません。

このタイプの難しいところは、最初のうちは「肉体関係のみ」という原則を忠実に守っているように見えるので、それが「セフレにしてはいけないタイプ」であることがわからない、というところにあるでしょう。また、本人も、自分が「セフレを作ってはいけないタイプ」であることに気づいていないのも問題です。

自分がセフレを作っていいタイプかどうかの判断については、「セフレというものをどのような人間関係として認識しているか」という個々人のセフレ関係にまつわる思考の深度による把握のみが可能にすると私は考えています。

「セフレとは、肉体関係のみで成立するセックスを主軸にした男女の人間関係であり、そこには、セックス以外のものがあってはならない」というセフレの基本原則を出発地点にして、セフレというものに対する考えを可能なかぎり掘り下げていく。自分に「セフレをつくる適正」があるかどうかは、この思考のプロセスによってある程度明らかになるはずです。

このセフレの基本となる原則から考えていった先に、もし、「性愛」というものと「恋愛」というものが結びつけてしまう自分が少しでも見出されたのであれば、その人は、できればセフレを作るべきではありません。自分を傷つけないためにも、はじめから「性愛」と直結する「恋愛」という営みが可能な人間関係を目指したほうがよいでしょう。

セックスと恋愛を徹底的に切り離す覚悟を持つ

もちろん、このような思考のもと、「自分にとってセックスと恋愛感情は切り離されているし、結びつくこともない」と断言できる人であっても、実際のセックスの力というものは途方もないものですから、そこで相手のことをセックスを通して好きになってしまう、ということはあるでしょう。

そのときは、自分にセフレは向いていなかった、と素直に認めて身を引く感性が必要となります。

「肉体関係のみ」というセフレの原則の即物性を熟知した上で、さらにそれを了解し、また、その「肉体関係のみ」の人間関係を楽しむことができると自信たっぷりに判断していた自分の、その「判断ミス」をしっかりと受け入れて、セフレという人間関係から潔く身を引くという態度を選択するべきです。

ここで、もし、「好きになっちゃったんだからこれはもう仕方がないじゃないか」などといって、セフレ相手に「恋愛」を要求し、相手の「非」を咎めはじめ、感情をぶつけたならば、そのときは、一人の厄介な「セフレを作ってはいけない/セフレにしてはいけないタイプ」が誕生することになります。

「セフレを作ってはいけないタイプ」が自覚的になり、セフレづくりから身をひけば、セフレ関係はよりクリアな視座を獲得することになります。

今後の純粋なセフレ関係のためにも、それぞれが自分のセフレ観を改めて考え、その「適正」を見つめ直す時間を持つ必要があるでしょう。